スポンサーリンク
Pocket

バイトテロの内容と会社のその後の対応まとめ。2019

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は最近世間を賑わせている不適切な行動まとめ。という事についてお話して行こうかと思いますのでよろしくお願いします。

part1で終わって欲しいネタです←

いわゆるバイトテロと言うやつですね

企業の皆様の心中お察ししますが、飲食はこれから相当厳しいでしょうね,...

どの対応が正しいか分からない中で誠意を持って対応するしかないのかな...と思います。

これから先バイトによって会社が潰れるなんて事もあるかも知れません。

1.くら寿司

魚をゴミ箱に捨て、その魚を再びまな板に戻すという大変気味の悪い行動をする。

会社の対応

「不適切行動をとった従業員2人を)退職処分とし、刑事、民事での法的措置の準備に入ったことをご報告いたします」従業員がゴミ箱に捨てた食材の魚を再びまな板に戻す様子を撮影し、SNSに投稿したことを6日に謝罪していた。同社の広報担当者によると、関わったのは男性アルバイト2人。動揺して説明が二転三転し撮影の日付などは特定できていないという。投稿後、3時間ほどで削除しており、「ここまで大事になると思っていなかったようだ」。魚は廃棄し、客には提供していないと話しているという。

くら寿司に行きたいと思う方がいるでしょうか?少なくとも私は行きたいとは思えません。

浅はかな思考の持ち主のせいで会社の信用度が下がるって悲惨ですよね...

くら寿司さんには信用回復。またこのような行為をしたバイトに対する法的処置を進めて欲しいですね。

2.大戸屋

不適切行為な動画の投稿

従業員がマスクなどで顔を隠した状態でズボンを脱ぎ、下半身を隠している動画を投稿(汚いですね)

会社の対応 従業員3名の解雇処分。

   

3月4日の発表文では、今回の不適切行為の本質は「食べものを粗末にするという、食べもの屋としてあってはならない行為を起してしまった」ことにあるとし、問題を起こした個人だけでなく、従業員教育が不十分だった経営陣にも責任があると指摘。信頼回復の第一歩として、営業を1日取りやめて従業員の再教育と店舗清を行うことにより、モラルの向上を図ることにしたという。

営業を1日取りやめると言うのは飲食店に取ってはかなりのマイナスであり、大戸屋さん自体のイメージダウンのダブルパンチで非常にキツイですね...

大戸屋さんには頑張って欲しいです!

3.セブンイレブンさん

従業員がおでん(しらたき)を口に含みそのまま出すという動画がSNS上にアップロードされた。

会社の対応

セブン―イレブン・ジャパンは9日、横浜市神奈川区の「セブン―イレブン横浜高島台店」のアルバイト店員が不適切な動画を撮影して、会員制交流サイト(SNS)に投稿したことを明らかにした。同社は「お客さまに不快と不安な思いをさせたことをおわびする」と謝罪した。

動画は男性店員がおでんの白滝を口に入れて出したり、踊りながら商品のたばこを触ったりしている。

動画を撮影、投稿した男性店員2人は、9日付でフランチャイズ加盟店のオーナーが解雇したという。

おでんは投稿後に廃棄したため、販売されておらず、おでんに使われている器具も洗浄したという。

くら寿司の株価が凄く下がったという件が話題となりましたが、バイトテロは恐ろしいですね。

99%以上のアルバイトさんは真面目に働いていると思います。

しかし、残りの僅かな人のせいでアルバイト全体。会社全体の信用度低下に繋がり兼ねません。

今後このような気持ちの悪いニュースは出ない事を祈っております。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました

しかし、更なるバイトテロが存在するのが現状です。次回記事にする時はpart2としますのでよろしくお願いします。

それでは次の記事でお会いしましょう~

スポンサーリンク
おすすめの記事