兵庫県明石市の泉市長による暴言騒動 キッカケは?再当選

Pocket

今回は兵庫県明石市の市長による暴言騒動を全文読んだ感想を記事にまとめて行こうかと思いますのでよろしくお願いします。

泉市長!

再当選おめでとうございます!

泉市長。

東京大学からNHKディレクター。その後弁護士に、衆議院議員などを経て11年の統一地方選挙で市長になるという大変華やかな経歴の持ち主。

そんな市長が職員に対する暴言を吐いたことが問題となっています。

どんな暴言を吐いたの?

火をつけろ。お前らで損失を賠償しろ。辞めても許さんぞ。などの事を、

俗に言う「お役所仕事」をしていた職員に対する怒りが爆発して過激な言葉使いをしてしまったと言うのが私の印象です。

元々市民の安全を確保しようとしていた~市長。私の知人にも話を聞きましたが、中学生までの医療費無料や、障害者に対する配慮を促進し誰もが安心して暮らせる共生のまちづくり条例。安全対策に力を入れているなど評判はよかったそうです。

そんな市長が何故暴言を吐いてしまったのか。

非常に気になります。

人が亡くなったため安全対策を行う為の作業をしようと計画していた所、一店舗のみ立ち退きをしなかった。

その間立ち退く際の金額の提示はなく約7年間グダグダの状態のお役所仕事が続いていた。(民間なら有り得ないですよね笑。7年ほど、金額提示しないって遊んでたんでしょうか?)

そのお役所仕事に市長が激怒。

お前ら責任者が払え!自腹切って判子押して貰え!そこに(物件に)火をつけろ!お前ら罪人で責任取れ!

こういった言葉を発してしまいました。(ボイスレコーダーにて職員が録音)

神戸新聞さんより引用させて頂きますが、市長はこのような事を仰っています。

「2人が行って難しければ、私が行きますけど。私が行って土下座でもしますわ。市民の安全のためやろ、腹立ってんのわ。何を仕事してんねん。しんどい仕事やから尊い、相手がややこしいから美しいんですよ。後回しにしてどないすんねん、一番しんどい仕事からせえよ。市民の安全のためやないか。言いたいのはそれや。そのためにしんどい仕事するんや、役所は」

如何でしょうか?

皆様はこの話を聞いてどう思われたでしょうか?パワハラだと思われたでしょうか?

私は怒られて当然だな。と思いました。

高校生じゃないんです。

税金でご飯を食べてる方達なんです。

恐らく市長もそんな姿勢が許せなかった。

エスカレートしてしまった部分は猛省が必要だと思いますが、市民思いの市長だと思いました。

辞任はせず選挙には出るとの事ですので次からは言葉に気をつけて頑張って欲しいと思います。

今回は兵庫県明石市市長の暴言騒動を記事にまとめさせて頂きました。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント