センター8割ってどれくらいの期間必要?

Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

はてなブックマークよろしくお願いします。

今回はセンター試験においての8割はどれくらい必要なの?って事を記事に纏めて行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

センター8割ってどのレベル?

まずは、日東駒専。産近甲龍などの大学においてセンター利用が使えます。(MARCH関関同立でも行けないことはないですが8割5分は欲しいです)

MARCH関関同立志望者はまずはセンター利用でMARCH関関同立に受かる!という事ではなくて、確実に滑り止めを確保する。という事を意識しておいて下さい。

センター利用において滑り止めを確保出来ていると精神的にも金銭的にもめちゃくちゃ楽ですし、何より滑り止めにする対策の時間を本命に割けますので滑り止め確保の為のセンター利用はオススメです

私の他の記事でも言っておりますが、センター試験は勉強方針だったり、基礎を作れる大変良い試験です。(設問構成も大変綺麗ですしね)

本番の空気にも慣れるため是非受験してみてください(日東駒専産近甲龍なら7割で行けたりもするので)

後、センター8割到達しなければ関関同立MARCHの対策をしても効果を得られない事があります(センター8割はある意味基礎なので)

さてさてさて、センター8割の重要性が少しは分かって貰えたかと思います。

皆さん気になるのが「じゃあどれくらいの期間がかかるの?」

「出来るだけ早く2次や早慶上智関関同立MARCHの勉強したいんだけど!」

ってところだと思います。

ATTENTION

最初に言っておくとかなり個人差があります。

これからお伝えする期間は長いと感じるかも知れませんが、これくらいやればまぁ8割取れるよね。って期間です。

もっと早く8割を取る方もいます。

では書いていきますねー。

今回は英国社会においての説明をして行きます。

英語→ 前提条件。 単語。熟語。文法。解釈。長文の参考書を仕上げる事。(英語の超絶具体的な勉強法はトップページにある記事をご覧下さい)

期間。現代文が出来る出来ないにもよりますが、3ヶ月もあれば8割は取れます。(一日における勉強時間の内どの程度英語に注げるかで大きく変わりますが、1日3時間ほどやって貰えれば8割は超えます)

国語。→前提条件。現代文の基本的な用語の参考書。解法。レベル別問題集などをやる事。古文はマドンナ単語を覚えて文法を軽くやる。漢文は早覚え即答法などを1冊やれば得点源に出来る。

現代文はかなり個人差がありますが、1ヶ月で8割は可能です。

古文も1ヶ月で8割は目指せます。

漢文は集中すると2週間かからず満点が目指せます。

少し余裕を持ってもやはり3ヶ月程度でしょうか。(古文漢文を先行型でやった場合、より短期間で達成出来ますが、まずは現代文やりましょう)

社会科目においては、40日程度で8割目指せます。

前提条件として、インプット系の参考書とアウトプット系の参考書をして下さい。

その後センター過去問を使います。

センター過去問において間違えた箇所を参考書に書き込みます(情報の一元化ですね)

これを繰り返せば2ヶ月かからずに8割は可能です。

って事でセンター試験においての8割ってこれくらいだよーって事をお伝えしました。

あくまでも効率よく勉強してこの位の期間です(例えば予備校に1年通ってもセンター8割超えない子はザラにいます)

皆さんは私のブログなり他の方のブログなりも見て効率的に勉強して下さいね!

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました!

それでは次の記事でお会いしましょう~

ではでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする