スポンサーリンク
Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回はセンター現代文で満点取れなきゃ人様に指導する権利なんてないよ。って事を記事に書いていこうかと思いますのでよろしくお願いします。

私も指導をする事がありますが、生徒さんに言われるのは、センター現代文満点なんて凄いですね!6年連続で満点取れるとかヤバいですよ!。

まぁそう言われると凄く嬉しいし、モチベーションにもなるんですが1つ言わせて下さい。

お金を頂いて指導させて頂くのならセンター現代文レベル如き満点取っているのが当たり前です。

これは私の持論ですが、残念ながらほとんどの教師や塾講師はセンター現代文を担当しているのにも関わらず、9割すら取れない人が多いです(多分半数以上は満点取れてません。)

生徒に申し訳ないと思わないんですかね?

私なら親御さんに申し訳なくて指導なんて出来ません。

自分でさえ完璧に理解出来なかった文章を生徒さんに指導出来るとは思えません(というか得意科目くらい満点取れよ...ってのが本音です笑)

タダで教えていても時間と言うものを貰っています。中学生。高校生。浪人生の時間は貴重な財産です。

貴重な時間やお金という財産を頂いて指導させて貰っているという意識があまりにも無さすぎる

生徒さんが教えて貰ってるのだからその通りに勉強して成績を上げよう!

講師側が時間やお金を頂いているのだからそれに恥ずかしくない対価を与えられるように指導しよう!

スポンサーリンク

こういった双方の思いが一致した時成績が劇的に上がると考えてます。

指導する側に偉そうな人間が多すぎる。

「教えてやっている」

そんな驕りがある限りいい授業。指導というものは提供出来ないと思います。

お互い謙虚であるべきです。

ってことで今回はセンター現代文或いは指導する科目で満点を取れないなら授業する資格ないよって話でした(実際私も英語においては毎回満点取れないので授業はしません。)(勉強計画などの指導はしますが)

それくらい厳しくして行かないと生徒の成績は一生上がりません。

大学受験は人生が掛かっていると思ってます。

生徒の人生を考えた時曖昧な指導や、根拠なく絶対受かる!などと言う事は私には出来ません。

貴方が現時点で教えて貰ってる先生がセンター現代文満点取れないなら参考書で勉強した方が遥かに効率がいいです。(切りましょう笑)

いかがでしょうか?

かなり厳しい事書きましたがこれくらい意識しないとダメかな...と個人的には思います。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました!

それでは次の記事でお会いしましょう

スポンサーリンク
おすすめの記事