進学校出身者が語る進学校に入るメリットとデメリット

Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は進学校出身者が進学校のメリットとデメリットについて記事を纏めて行こうかと思いますのでよろしくお願いします。

メリット

難関大学を志す人間が大半というかほぼ全員なので、必然的に自分も勉強しよう!という気になれます。

特に上のクラスだとめちゃくちゃレベルの高いライバルが揃ってます。

なのでそのテリトリーに所属していると必然的に自分の学力も上がります(自分の当たり前レベルが上がるので)

上位層はとんでもない時間勉強してるのでその感覚で勉強すればそりゃあ成績上がりますよね。

高い質のクラスメイトや校内予備校。

授業は正直大したことないです(これ言うと教師の方々から批判を買い攻撃されそうですが、マジで大したことないです)

授業が素晴らしいのは灘や開成レベルだと思ってます。

私立の進学校だと学内予備校があるケースがほとんどだと思うんですが、予備校の先生が安価で指導してくれます。

こちらの方が実践的で非常に分かりやすいです。

例えると東進衛星予備校の授業が100点だとすると、学内予備校は80点。学校の授業は50点を切ります(マジで意味わからない事言ってくる先生いるので)

いじめが少ないです。

そもそも人をいじめるという低俗極まりない行為をする人間が居ないです。

そんな事してる暇があるなら勉強してます。

デメリット

落ちこぼれると目も当てられないです。

実力はないのに~高校だからwwwみたいな謎のプライドが育つのでもう地獄絵図です。

個人的には進学校で落ちこぼれてプライドが高い人は1番指導したくないです(プライド高すぎて言うこと聞かないんすよね.. 偏差値50とかでポレポレやろうとするんで驚きです)

校内模試にて悲惨な結果が出ます

上位層はとんでもない成績を出してくるので(例えば高一のセンター同日模試でMARCH関関同立センター利用出来るやんwwwみたいな点数です)

全国偏差値は60超えてるのに校内偏差値だと40台とかザラにあります。

マジでやる気なくします。

死にたくなります。

絶望感しかありません。

私の経験ですが、センター型の模擬試験にて数学8割以上取ったんですが校内偏差値40台でしたね()

理系クラスに居たんですが、クラス偏差値は30ちょいでした(涙目)

いじめはありませんが、高度な嫌がらせは存在します。

流石進学校の生徒。教師にバレるようなバカなことはしません。

絶妙な嫌がらせをしてきます。

他人の机に炭酸飲料を少量垂らし広げるなど。

これ地味にめちゃくちゃイラッとするんですよね(机ベトベトになります)

こういう地味な嫌がらせも塵も積もれば山となる方式で精神的なダメージが増えます。

学歴厨になりやすいです。

優秀な先輩方が東大や京大に合格されているので地方国立をバカにする人が多いです(センター7割取れないとかww)みたいなやつですね。

如何でしたでしょうか。

今回は進学校のメリットとデメリットについてお話しました。

中学ではトップでも高校では最下位争いとかザラにあるので気を付けて下さいね。

高校に入れば過去の成績や栄光なんて関係ないです。

同じくらい若しくはそれ以上の人達がゴロ

ゴロいます(中学からの進学組とか)

やはりどの環境に所属するに当たっても結局は自分自身です。

流されること無く頑張って下さい。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました!

それでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする