スポンサーリンク
Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は浪人生の方に向けたメッセージを書いていこうかと思いますのでよろしくお願いします。

まずは今年度の受験お疲れ様でした。

大体どこの大学も合格発表が終わったと思います(後期はまだですが)

その中で浪人という選択を決めた方へのメッセージです。

浪人生というのは結果だけが求められる世界です(フルコミッションといった意味では社会と同じですね。)

大学側には、あなたがどれだけ勉強したかなど関係ありません。

点数です。

結果しか見られません。

2 6 2

浪人の成功率です。

20パーセントが上昇して60パーセントが現状維持。20パーセントが下降します。

下降する20パーセントはハッキリ申し上げますと本気で勉強してません。

上昇する20パーセントは血反吐を吐くくらい勉強してます。

その内の上位5パーセントは実際血を吐いてます。

私も血を吐いた経験があります。(ガチで追い込みすぎるとシャレにならないので無茶は辞めましょう)

それが浪人生と言うものです。

60パーセントはアレですね。

勉強はするんですよ。

ただ中途半端です(予備校に行けば受かると思ってる方ですね)

皆さんは浪人生になるという決断を英断に変えたいと思います。

「でも、ぶっちゃけゼロから1年勉強してどこの大学に合格できるの?」

その人次第と回答するしかないのですが、本当にゼロからスタートするなら国立は諦めて下さい(行けたとしても地方国立になってしまうのでお勧めしません)

私大なら特殊な学部を除けば合格できる可能性はあります(その代わりめちゃくちゃ勉強して下さいね)

地方国立と関関同立MARCHだと関関同立MARCHの方が上です(社会的な評価や知名度。その他諸々)

まぁ理系は例外ですが...笑

それでも同志社などの理系に勝てる国公立は中々ないです。

私は関関同立MARCHなら2000時間くらいあれば合格可能性が出てくると言っています。(この時間は自学自習の時間なので注意してください)

ほとんどの生徒が関関同立MARCHに受からないのは、自学自習を2000時間してないからです。

とある予備校のプランを例に取りましょう。

1日8時間ほど授業するそうです。

浪人生の勉強時間は現実的な物にすると12時間くらいです。

自学自習は4時間しか出来ません。

4時間×300日(大体受験までそれくらいですよね)=1200時間。余裕で足りません。

しかもそんなに上手くは行かないのが受験です。

アクシデントもあります。

勉強出来ない日もあります。

そうすると生徒は考える訳です。

「睡眠時間を削ろう!」

身体壊すのでマジで辞めてください。

浪人生の方は1日6時間は寝てください(理想はトータルで8時間です)

今回は浪人生の方に向けたメッセージでした!

現役生も参考にして下さいね。

それでは最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました!

スポンサーリンク
おすすめの記事