レミオロメン 3月9日のCMから見る模範的浪人生

Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回はレミオロメンさんの3月9日のカロリーメイトのCMから見る浪人生という事を話して行きますのでよろしくお願いします。

レミオロメンさんと言えば粉雪ですよね。粉雪と言えばステハゲ。ステハゲと言えば中央大学。中央大学と言えば法学部一強。

まぁ冗談は程々にするとして今回はカロリーメイトのCMが模範的な浪人生過ぎたので書いていきますね。

(私はカロリーメイトのCMはゆーきゃんの声のバージョンが1番好きなんですが3月9日バージョンは2番目に好きです)

ゆーきゃんめちゃくちゃカッコイイですよね!イケボの極み。

魔法科高校の劣等生とかまじお兄様。

CMの模試の結果悪くてキレるシーンとか模範的浪人生ですよね。(欲を言えばストロングとか飲むシーンも入れて欲しかった)(あとゲーセンじゃなくてパチンコで参考書代飛ばすシーンとか)(あと切羽つまってアルバイトするも人を見下すシーンとか)

私も浪人生活を送っていましたがキレそうになった事はあります。

努力しているつもりなのに伸びない成績。

テレビで流れる都合のいい受験情報。

受験を1ミリも知らない人からのアドバイス。

親からのプレッシャー

遠回しに言われる努力が足りない。

悪化する精神疾患。

まるで自分の勉強を否定された気分でした。

あのCMみたいに暴れたりする事はありませんでしたが、夜中泣いてた事もあります。電車の中で立ちながら寝てた事もあります。周りを見ればやたらとキラキラした大学生。

所属先のない自分。

決断したのは自分。

中退したのも自分。

やり場のない怒り。

めちゃくちゃ辛かった。

「私何してんだろ」

こんな事ばかり考えてましたし、他に考える事は特にありませんでした。

身を削りながらなんとか成績を上げ迎えた試験当日

駅まで親に送って貰いました。

何も言わないつもりでした。

でも、自然と口にしていました。

「私の我儘に1年間付き合ってくれてありがとう。受かってくるわ」

久方振りに親の涙を見ました。

父に至っては恐らく初めてです

親はこう言ってました

「結果なんかどうでもいい。俺はお前の頑張りを知ってる。成長したな。」

泣きかけたのを覚えています。

試験が終わって合格発表の日。

恥ずかしくて1人でパソコンか何かの画面で合否を見ていました。

結果。合格の文字。

めちゃくちゃ喜びました。

家庭環境は人それぞれだと思います。

私自身色々ありました。

許せるかと言えばそうじゃない事もあります。

全肯定出来るわけでもありません。

しかし、浪人生活。受験勉強を通じて少しプラス方向に感情が変化しました。

さてさてさて、今回はカロリーメイトのCMと言うタイトルでお送りしましたが、浪人生活は泥臭いです。

あのCMを見て感謝の押し売りと捉える方もいると思います。

親に感謝するシーンなんて自分自身そう思ってました。

全肯定は無理ですが1ミリくらいは肯定出来た気がします。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました!

それでは~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする