スポンサーリンク
Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は浪人生の方へ向けたメッセージを書いていこうかと思いますのでよろしくお願いします。(現役生の方も参考になると思うので是非見てくださいね!)

浪人生の皆さんへ。

週6日(この1日も休みという訳ではなくて、6日の中で消化出来なかった分野を消化する期間です)

12時間以上の勉強に耐えられる自信があるのなら是非浪人してください。

当たり前ですが、浪人生はプレッシャーが凄いです。

尋常じゃありません。

それに伴って現役と同じ勉強量だと落ちます。

現役の1.2倍くらい勉強してようやく学力が現状維持出来るレベルです。

なので現役の頃と比べないでください。

精神面での大きなハンデを抱いているのでその分勉強して下さい。

私は生徒さんに指導する時、浪人生だと月に最低300時間は勉強してください。と言っています。

おおよそ10ヶ月勉強するので3000時間超ですね(欲を言えば1日15時間勉強×約300日で4500時間は勉強して欲しいです)

私が今年指導した生徒は現役では岩手医科大学にも引っかからないどころか、センター6割ちょっとという学力でしたが、1日15時間勉強して国立医学部に合格しました。

1日の休みもなく勉強していました。

現役生の子は2年間掛けて5000時間は自学していたと思いますが、偏差値50(これはマーク模試の結果です)(全国平均です)から国立大医学部に現役合格しました。

ゼロから合格するのに必要な時間の目安を書くと、関関同立 MARCHでおよそ2000時間です(自習の時間に依存するので、予備校の授業を2000時間受けても合格しません)

早慶だと3000時間は欲しいですね。

もう少し詳しく書くと 授業を100時間受けたら自習は200時間して下さい。

つまり授業を受けながら関関同立に受かりたいのであれば 授業650時間に対して自習1300時間はして下さい。

先程MARCH関関同立は2000時間で合格出来ると言いました。(同志社や中央法 1部国際学部は除く)つまり独学で本気(時間に治すと1日15時間以上でしょうか)で勉強すれば、2000÷15時間で133日の4ヶ月ちょっとでMARCH関関同立レベルに到達出来ます。

15時間以上勉強すると4ヶ月で合格可能ラインに到達できます。

これはあくまでもゼロから(中学レベルも完璧ではない状況や、日本史だと全く勉強したことない状況)からの計算であり、勉強の貯金がある方(例えば現代文はめちゃくちゃ得意~とか 社会は任せろ!)みたいな状況だと話はまた変わってきます。

1日15時間を毎日やるのは現実的ではないので結局浪人生でもMARCH関関同立はなかなか受からないのが現実です。

現役生の皆さんはこれほどの学習時間が取れないと思うので早い段階から質のいい勉強をしていきましょう。

大逆転合格をされた方はこちら側が引くくらい勉強されていましたよね..

来年は皆さんも上記のような圧倒的な勉強時間と質を用いて第1志望に合格して下さい!

応援しています!

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました。

スポンサーリンク
おすすめの記事