血を吐くくらい頑張ったらガチで血を吐いた件

Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は血を吐くくらい頑張れ!ってことわざ?通り頑張ったらガチで血を吐いてシャレにならない件について記事を書こうと思いますのでよろしくお願いします。

この記事を読んで分かること。

無理のし過ぎはやばいと言うことが分かる。

私が言うのもなんですがとりあえず何事もやりすぎは良くないですよね!

マジでね..ヤバいですよ。

なんでかーくん血を吐いたん?って事で私が血を吐いた経緯を書いていきます。

アレは遡ること数ヶ月前。

少し肌寒い季節だったと記憶している

大学生の私は非常に焦っていた。

単位取れねーwwwww

やべーwwwww

まぁ色々あってあまり大学に行けてなかったんですよね。

教授様などにも言われました。

君はこのままだと進級出来ないぞ

また同じ学年やるのかね? ん?

私は思いました。

このままじゃヤバい!

浪人 中退を経験している私に留年という肩書きが付いたらクズ人間の出来上がりやん…

これは血を吐くくらい勉強しなくては..!!

それはそれは寝る間も惜しんで勉強しましたよ。友達が遊んでいる間も1人レポートしてました。進級ほぼ確定している友達に煽られながら勉強して講義に出てテスト受けてました。

TOEICの勉強もしました。めちゃくちゃしました。とにかく勉強しました。

モンスターと友達になりました。お酒とも友達になりました(成人してるんでオケ)

死ぬかと思うくらい頑張ったらとりあえず進級は何とかなりそうだな..ってレベルにはなりました。

めちゃくちゃ喜びました。

しかしですね。数日後血を吐きました。

病院に行きましたよね 医者にめちゃくちゃ怒られました。胃か何処かが荒れているようでした(他人事感)

そしていわれました。

「お酒は辞めてください。」

【悲報】かーくん氏若干20歳にしてドクターストップ。

家族で初めてですよ(父親や祖父でもドクターストップ受けてないのに)

そこからは辞めてますね(キリッ)

まぁタバコは元々吸わないんでお酒は比較的簡単に辞めれました。

血を吐くくらい頑張ったらガチで血を吐いたってお話でした。

これ今病室で書いてるんすけど誰見たいんだろ…

まぁまぁまぁ皆さん頑張ることも大事ですが、適切な努力をしてください。

私みたいに無茶すると地獄見ますよ。

って事で私の事を反面教師にして頑張って下さい。

特に受験生の皆さんは頑張り過ぎないようにして下さいね。適度な息抜きは大切ですよ。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました。

それでは次回の記事でお会いしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする