スポンサーリンク
Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は東進衛星予備校などの映像授業系予備校で伸びる人と伸びない人の差を記事にまとめて行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

この記事を見て分かること。

伸びる受験生のタイプが分かる。

東進衛星予備校などへの向き不向きが分かる

自分に合った予備校探しへの1歩が分かる。

伸びる人。

自学自習がキチンと出来る人。

自分で復習出来る人。

映像授業と参考書を正しく使える人。

勉強法を知ってる人。

インプットとアウトプットをバランスよく出来る人

伸びない人。

自学自習が出来ない人。

どのタイミングでどの参考書を使っていいか分からない人。

復習などを自分ではなかなかやりにくい人。

勉強法を全く知らない人。

インプットとアウトプットのバランスを分からない人。

まぁぶっちゃけ東進衛星予備校などの映像授業系予備校行って成績が伸びる人はどこの予備校でも伸びます(まぁ俗にいう授業の受けっぱなしをしない人ですねー)

東進衛星予備校にむいている方。

ある程度基礎はできている方。(受講料が安く済みます)

そこそこの高校に通われている方。

参考書選びなどを自分でできる方。

東進衛星予備校に向いて居ない方。

基礎が出来ていない方。(受講料がめちゃくちゃ高くなります)

偏差値の低い高校に通われている方。

参考書選びなどを自分でできない方。

東進衛星予備校などの映像授業系予備校は自分で物事を考えられる人が伸びます。

故に東進衛星予備校で伸びる人は河合塾でも駿台でもどこでも伸びると思います。

ちなみに私は東進衛星予備校に通っておりましたが、いい予備校だなぁって思ってます。

東進衛星予備校並の授業のクオリティ プラス自学自習管理をしてくれる予備校があれば最高なんですけどね笑

なかなかそんな予備校ありませんし、実現しようと思えば莫大なコストがかかります(私大文系など層を絞れば可能かも知れませんが全ての受験生に対応しようと思うと個人的にはほぼ無理だと思います)

次回は他の予備校についても書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします

最後までご覧下さいましてありがとうございました。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事