スポンサーリンク
Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回は塾では言えない大学受験における選択科目の選び方(私立大学文系における選択科目です)をお伝えして行こうかと思いますのでよろしくお願いします。

この記事を読んで分かること。

選択科目の選び方が分かる。

自分に合っている選択科目が分かる。

選択科目の選び方で迷う必要がなくなる。

まず私立大学文系受験においての選択科目は、日本史 世界史 地理(これはある所とないところがありますが)政治・経済 文系数学になります。

恐らく受験生の皆さんが目指されている所は早慶上智 MARCH関関同立 だと思います。

慶應義塾大学や上智大学。立教大学。関西学院大学を目指す上では政治・経済は利用出来ませんので何がなんでもその大学に入りたい!と言う方は政治・経済は選択肢から外して下さい

しかし、多くの方はMARCHなら何処でもいいかなー 関関同立には入りたいよねーという方だと思います。

その点を踏まえて以降の記事を書いて行きます。

まず私立大学文系受験における選択科目の優先順位。

1.文系数学

2.政治・経済

3.日本史

4.世界史

5.地理

こんな感じなんですが、日本史世界史地理は正直好みの問題です。(あまり差がありません。)

何故文系数学が1位なのか?

まず私立大学には選択科目における得点調整と言うものが存在します(関西大学では何故か英語国語でもするんですが)

これは選択科目間の有利不利を大学側が調整してくれる制度です。

文系数学の受験者はあまり多くありません。

しかも、平均点が低いです(難易度はぶっちゃけセンター試験プラスアルファです)

なので点数が上がる傾向にあります(あと満点が取りやすいです)

2位 政治・経済。

先程書きましたが慶應義塾大学。上智大学。立教大学。関西学院大学では使えません。

しかし、これらのデメリットを除いても政治・経済のメリットは凄いです。

政治・経済のメリット。

覚える量が少ない。

現代文が出来る方にはめちゃくちゃオススメ

敷衍的に物事を理解出来る方には凄くオススメです。

政治・経済も得点調整で下がりにくいです。

日本史世界史地理。

暗記が得意な方にオススメです。(あと独学得意な方にもオススメ)

私が考える文系数学。政治・経済に向いている方。

地頭がいい(現代文が出来たり文章力がある方ですね)

話を敷衍的に考える事が得意な方。

例 風が吹けば桶屋が儲かるとかの話が好きな方。

これらの能力がない方(めちゃくちゃ失礼ですが塾予備校みたいに誰でも行けます!なんて無責任な事言いたくないんですよね)

は無難に日本史世界史地理を選択しましょう。

実際私も政治・経済受験でしたが(文系数学も使った大学あります)安定して高得点を取る事が出来ました。

あと政治・経済を勉強しておくと法学部での授業とかめちゃくちゃ楽ですよ(小声)

先輩などにも話を聞いたんですが就活の試験ではほぼ政治・経済の内容が出題されることも...

政治・経済や数学やっておけば論理的な考え身につきますしね笑

あと、滑り止めを受ける時に文系数学や政治・経済だと凄く楽ですよ(MARCH関関同立より下のレベルの文系数学や政治・経済はめちゃくちゃ簡単です←)

いかがでしょうか。

私が考える大学受験における選択科目の選び方でした。

まとめると文系数学と政治・経済がオススメです!

是非是非参考にしてもらえればいいな..と思います。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事