スポンサーリンク
Pocket

今回はセンター現代文2019小説部分の解説をさせていただきますのでよろしくお願いします。

私の生徒さんは中三にも関わらず私のこの説明の後2018年度のセンター現代文で満点取りました

この記事を読んでわかること。

現代文の解き方が分かる。

現代文の偏差値が上がる。

思考力の付け方が分かる

初めに。

人によって様々な解釈があります。

僕はこのような読み方で満点を取りました。

参考にして貰えると嬉しいです。

とりあえずやってみる。見てみる。

何事に置いてもこの姿勢が大事かな..と思います。

それでは実際に解説していきます。

2019センター本番小説。

前提。深読みしない事。

目標時間。15~20分

問一は知識問題の為省略します。(本文中の意味と言うよりかは知ってるか知らないかの差です)

分からない単語があれば該当箇所の前後から推測しましょう。

問二

妹。旦那が亡くなっており絶望感や孤独感が強い。兄である主人公はその様子を見てきた。→自分も月見草で立ち直った頃があるので妹にも好きなことをやらせてみれば元気になるかな?

→実際にやらせてみた所元気になってきた。

選択肢1.後ろめたい気持ちはこの人にはありませんので✕一緒にって所もひっかかりますよね。

選択肢2.気後れもしてないし、失った月見草に代わる新たな癒しが✕。

選択肢3.これですね。シェアしようって事ですね。

選択肢4.妹から指摘された気持ちが✕再出発も怪しい。

選択肢5.論外です。

問三

o君→元々月見草に興味なし。釣りに来た。(小学生かな?)→そこからの喜ばしい図とは?恐らく月見草に興味を持ったんだな。という事が推測出来る。

選択肢1.o君と月見草が一緒=喜ばしいという事ではないので✕

選択肢2.論外です。遠慮してるかしてないかで何故喜ばしい図になるのでしょうか?✕

選択肢3.行動の大胆さ..?違いますよね?o君が興味を持った事が喜ばしいんです。✕

選択肢4.月見草に興味のない人の行為...月見草の詳しさでマウント取る人いるんすかね?微笑ましいって子供と来てるのかな?ってことで✕

選択肢5.完璧です。正解ですね。

問四,なんとここに来てようやく妻の事を思い出す主人公。恐らく何か通ずるものがあったのかな...と推測して読む。

選択肢1.忘れようと努めていたが✕

この人ずっと忘れてたんで笑

選択肢2.正解です。改めて意識するって今更かよ!って突っ込みたくなりますが正解です。

選択肢3.他の施設や失望感が✕

選択肢4.この人に罪悪感はないので✕

頭の中は月見草でいっぱいです。

選択肢5.妻の存在をにわかに意識するが✕

ハッキリ思い出したんですよね?

問五。それはまるで花の天国のようだった。

この言葉があるのでプラス的な意味ですよね。

そして、「ようだった」とあるので、確実な天国ではありません。(つまり希望がある程度ですね。)

この主人公は奥さんが入院していたりして、心労が祟ってます。なので最初はマイナスイメージなんですよね。

なので憂いや心労に満ちた日常から自分が解放されたように感じた。

という1番が正解となります!

~のような気がした=断定はしていない。

2番は、庭に月見草が生える確信が持てると言う描写はないので✕(そもそも確信とか書いてる選択肢は×が多いです)

3番は、現実の悲しさを忘れる事が出来た。という部分が×です。

あくまでも、~のように感じたという範囲なので

4番は、運転手が死にみいられている。という描写が✕(センターってそんな暗い選択肢出したらダメなんですよね笑)

5番は.自分と妻の将来に明るい幸福を予感させてくれたが✕。

そこまでハッピーな文章ではないですし、最終的に奥さんではなく、月見草に魅入られているので笑

問6。

選択肢1.妹は冒頭を読んでくれれば分かるんですが、快活な性格ではありませんので✕

選択肢2.o君と一緒に行くこと自体が目的ではないので✕

選択肢3.カタカナ=緊迫感とかではないので✕

選択肢4.正解ですね。

選択肢5.私の状況が次第に悪化していくが✕

選択肢6.比喩表現ですね。選択肢の作り方が上手いです。

如何でしたでしょうか?

今回はセンター小説を解説しました。

アレ?結構簡単じゃない?って思って貰えたら私としては嬉しいです。

この記事を読んだ後は是非センター小説を解いて貰えたらなぁと思います。(某大手予備校に問題ありますので)

最後まで記事を読んでくれてありがとうございました。次の記事では具体的な参考書などを解説して行きたいと思います。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事