受験生必見!ゼロから始める最短最速英語の勉強法まとめ。

Pocket

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。

今回はゼロから始める英語の勉強法まとめ。という事で私のノウハウを伝授させていただきますのでよろしくお願いします。

今回は特別に音声も付けております。

是非ご覧下さい。

音声動画はLINE@に登録して頂いた方限定で配らせていただきます。(追加した時は音声下さい。と送信して下さい。私が確認出来ましたらお送りします)

本文の1番下にLINE@のスクショがありますのでご登録よろしくお願いします。

この記事を読んで分かること。

レベル別の勉強法が分かる。

暗記法が分かる。

めちゃくちゃやる気が出る。

皆様へのお願いがありますので最後までご覧下さい。

暗記法については以下の記事を参考にして下さい。https://xn--u8ji8rmk9bvf.com/2019/03/02/post-0-2/

ただいま生徒を募集しております。

私のコーチングを受けたい!って人はご連絡くださいkk6872211@gmail.com

詳しい情報はこちらをご覧下さい

どうもこんにちはかーくんラボのかーくんです。 私はこの日が来るのをめちゃくちゃ楽しみにしていました。皆様に正しい勉強法をお伝え出来るからで...

ATTENTION。

各レベルに応じて書いていますがとりあえずはセンター8割にフォーカスを当てています。(そもそもセンター8割取れないと私大や国立大学の対策をしても意味ないと思っているので)

このノウハウを実践してくれた生徒さんの成果の1例(皆さんが気になるのって結局どれくらい効果あるの?って話じゃないですか)

高校偏差値を載せることは生徒には許可を得ているのでご安心を。(塾予備校みたいに高校偏差値70から成績上げても信ぴょう性ないですよね笑)

Aさん→高校偏差値40。センター英語3割から1ヶ月で160点突破!高校としては数年ぶりにMARCHに現役合格

Bさん→高校偏差値50。センター英語4割から1ヶ月で170点突破!センター本番では9割越えを達成し難関国立大学に現役合格

Cさん→高校偏差値60。センター英語5割から2ヶ月で160点突破!苦手な現代文も得意分野にして一浪で早慶上智に合格

Dさん→高校偏差値40以下。中学英語も分からない状況から3ヶ月で160点。高三の4月からの勉強でMARCHに現役合格(MARCHに受かったのは初だそうです。)

私→高校偏差値70超。高三の秋頃センター英語4割という屈辱的な結果を出す。

独自の勉強法と恩師の支えもあり1ヶ月で176点まで成績を上げる。

センター本番ではそこそこの結果を残すも様々な挫折を味わう。

挫折を味わったからこそ出来ない辛さと成績が伸びない苦しみが凄く分かる。

今年のセンター英語は196点。

これは英語に限っての成果であり、他の科目においても皆さん有り得ないくらい成績を伸ばしています(現在国立大学を受験している子もいますが今年のセンター試験では9割超えてました笑)

それでは方法論を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

勉強に通ずる事。

まず最初から全部完璧にしようとしてたら、出来ない自分に失望しちゃいます。僕がそうで、なんで基礎って書いてある参考書4割しか理解できないんだろう?みたいな笑

そもそも初見で5割とかわかれば上出来です。

漫画とか別に覚えようとしてないけど、有名なセリフだったら覚えてますよね?あれと同じ感覚で、とりあえず読んで見るか→1章に書いてある事ちょっとは理解できた→もう一回読もう→5割ぐらい理解できた→もう一回読もう→そこそこ理解できたから問題解いてみよう→読む前全然意味わからなかったのに結構解けた!→ヤバい私天才!みたいな感じで自分で盛り上げると良いですよ

勉強計画は無理しない程度で予定日を作る。

そもそもあんまりキッチリとした計画立てないです。計画通り進まないと頭おかしくなってくるんで

例えば僕の場合、1週間の内で、火曜ー土曜までで、勉強時間の英語6割、国語2割、政治経済2割って大体決めて、日曜に出来なかったことをやって、月曜休みって感じですね。

あとは単語を300個眺めるのに集中してる時で15分かかるとすれば、ずっと集中できないんで、20分に設定したり(そうする事で大体17分ぐらいで終わります)ストレスが減ります!

それと、やろうと思っていた量がどれくらいかにもよります。

例えば単語1時間で1000個やろうと思ったのに500個しか出来なかったとかだったら、そもそも無理なんで

あとはやろうと思ってた量出来なかったときに自分を責めない事ですね!自分に厳しい人は焦りから自分に求めるレベルを高くしがちなんで、自分を許してやることも大事です!

原点回帰しよう

単語帳は例えば、1日目1ー100次の日1~150

という風な形で必ず1ーやって下さい(人間の脳って凄く忘れやすくなってるので) 覚え方は、個人的には眺めて覚える→確認のために書いてみる(10個づつ位ががオススメです)

→書けなかった単語に印をする→これを単語帳一冊する

重要なのはまずは一つの単語に対して1つの意味を覚える(例えばrun=走る。をまずは覚えて、経営する.という意味は単語帳を一冊覚えてから覚えると良いです)

1回で覚えないのは当然なので軽い気持ちで何周もする意識が大切です。

単語は1日3回同じところを触れてください(朝昼晩10分ずつとか)200個が理想です。同じところを1週間繰り返します。覚えたと確信できたら次に進んでくださいね

1週間で21回触れて、あとは1日1回触れてください。

これを1ヶ月やってください。

このサイクルを繰り返します

そうすると1ヶ月で800語に40回触れる事になります(自然と覚えます笑)

まあできなかった時に自分を傷つけ無いのと、英単語を覚えるのは出来るだけ毎日やってください

勉強をしよう

勉強っぽい事をするのは簡単だ(授業を聞いたり、問題を解いたり)重要なのは習った事を人に説明できるぐらい自分の言葉で理解する事だと言ってて、それを実践できる受験生は本当に少ないらしいですよ!

そもそも大抵の受験生は勉強法と言う概念が無いらしいです

例えばエビングハンスは重要だと言う人と、対して意味は無いと言う人などがいますが、そもそも前提としてエビングハンスの忘却曲線を知っている事よりも忘れないように何をするかが大事なので!

僕も理屈っぽいんで良く分かります

論理的におかしいことはしたく無いし、納得のいかない事はやらないし、そこから勉強法を研究したりもしたし、それでもなかなかできないし、センター現代文を何もしないで満点取れるのはセンスがあると塾の先生に言われて調子にのるし、プライド無駄に高いし(現代文なんもしなくても満点取れるのになんで他の科目中学生の範囲からやらなきゃなんだろとか、自分は高校生だから高校レベルの事やろ!みたいな)

才能は壊すためにあります。

量が質を凌駕します。

圧倒的量をやると質もついてきます。

短期間で成果を上げようと思うと量をやるしかありません。

楽ではありません。

しかし、やれば確実に上がります。

大前提として勉強はRPGゲームに凄く似ています。

私はテイルズオブシリーズやドラゴンクエスト。ファイナルファンタジーなどが大好きなのですが(今度ブログに書きますね笑)特にテイルズオブシリーズなどのアクションRPGに凄く似ています。

何が似てるの!?

かーくんふざけんな!

適当な事言うな!

、、、言いたい事は分かります

ですが本当に似ているんです。

例えば英語という科目を取り上げてみます。

英単語。英熟語。英文法。

これら暗記事項(勿論理解が前提ですが)がゲームで言うところのレベルです。

現代文の力。パラグラフリーディング。スラッシュリーディング。ディスコースマーカー..

これらを武器や防具だとします。

長文読解 問題集 音読

これらを実践練習とします(まぁテクニックでもいいですが)

ここまでは理解して頂けたでしょうか?

英語と言う科目には レベル。武器や防具などの装備品。実践練習(テクニック)があるという事に。

理解して頂けたと言うことを前提に話を広げて行きます。

まずゲームに置いてはレベル上げをしなくてはいけませんよね?

どんなにいい装備(武器や防具)を持っていてもレベルが1なら勝てません。

レベルがある程度上がっても装備が貧相ならあまり意味ありません。(攻撃力が上がりませんよね)

レベルや装備が充実していても実践力(まぁ英語の読み方ですね)がなければこれまた上手いこと行きません。

勉強に例えるとこうです。

英単語や英文法をやることで自らのレベルを上げていく。

現代文の力やディスコースマーカーなどを把握して装備品を充実させる。

長文読解や音読などを通じて問題に慣れていく(英語に慣れる)

そしてセンター英語というボスに立ち向かう。

こういったイメージです。

もう少し話を掘り下げますので、ここまで理解出来た人は読み進めて下さい。

1度整理したい!って方はもう一度今までの文章を読んでからこの先を読み進めて下さい。

センター英語というのは非常によく出来ています(私が言うのもなんですが..笑)

模試などとはレベルが違います。

なのでこれくらいの事をマスターしていればこれくらいの点数は取れますよ。って事がある程度決まってます。(ゲームの話で言うとこの記事は攻略本みたいな感じです)

ゲームでもボスに立ち向かう時、目標レベルみたいなのがありますよね?

ゲームセンスが良ければ目標レベルに到達していなくてもボスを倒すこと(センター英語で点数を取ること)は可能です。

しかし、ゲームセンスがいい人ほどレベル上げに勤しみます。

皆さんのライバルは既に8割、9割取ってる方も居ます。

実際私が無料で指導させて頂いている生徒さんも高二の段階でセンター英語は9割取ってます。

これは別の生徒さんですが、中学3年生でセンター現代文満点取れている子も居ます。

他にもバケモノみたいな点数を受験学年ではない人が取っています。

この方たちは基礎を何よりも大切にしていました。

なので、皆さんも応用に走りたい気持ちは分かりますが、まずは基礎をガチガチに固めて下さい。

~センター英語(筆記のみ)に置ける目標レベル~

~100点 レベル。テクニック。実践練習が不十分です。特に単語が完璧になっていないと思われますので単語帳1冊完璧にして下さい。

~120点 レベル。テクニック。実践練習が十分だとは言えません。単語帳や文法をして下さい。

~140点 レベルは形になってきています。テクニックがある人だと単語帳だけでここまで到達出来ます。実践練習を取り入れて見ましょう。

~160点 レベルはかなり高いのではないでしょうか?テクニックか実践練習に不足があるかと思います。ここで今までやってきた問題集や単語帳の音読をしましょう。

~180点 レベルに関しては文句なしと言う状況だと思います。より高みを目指したい方は過去問の音読や少し難しい参考書に挑戦するのも手だと思います。

~200点 ここまでのレベルに来ると落としているのは発音。アクセントでは無いでしょうか? 正直この単元は日々の音読や直前に対策するだけでも形にはなります。

他の科目に時間を割いてください。

このようにレベル別に目標点はある程度決まってます。

それではここからは具体的な参考書をご紹介したいと思いますのでよろしくお願いします。

まず大前提としてセンター英語は難しくない!正しい勉強をすれば点数を取れるという事を肝に銘じて下さい。

決して簡単と言っている訳ではありません。しかし、参考書を数冊完璧にすれば1ヶ月でも8割取れます。

実際私自身もセンター英語を82点から1ヶ月で9割近くまで上げましたし、今年のセンターでも196点取りました。

私は元々現代文がめちゃくちゃ出来たので特に伸びるのが早かったですが、現代文が全く出来ない後輩や塾で教えていた生徒。オンライン指導していた生徒さんも短期間で8割を実現していましたのでまずは1ヶ月信じてやってみて下さい。(1ヶ月だと修正が効きます。正直予備校などでは1年かけてセンター英語8割取れない子が多いですが、人の人生なんだと思ってるんですかね←)

皆さんに覚えて欲しい感覚はどれだけ遅くても3ヶ月あれば、センター英語は8割取れると言うことです。

私が過去に指導した生徒では最短で3日で5割から8割超えてました(単語と文法のアプリをめちゃくちゃやってました)

今の成績など一切関係ありません。

センター82点の私でも取れました。

最短最速でセンター英語を攻略していきましょう。

勉強の詳しい方法論はこのブログ内にある他の勉強法などをご参考にしてくれればと思います。

それでは本題に入りたいと思いますのでよろしくお願いします。

センター英語とは?

大門3からは全て長文です。

なので長文で満点取れれば140点は超えます。

なので文法問題や発音問題に囚われ過ぎるのではなくて、長文読解にフォーカスを当てて下さい。

まず使う参考書をお伝えして行こうと思うのですが、ハッキリ言ってこれは個人差があります。現代文が出来るできない子。英単語などの暗記物はアプリでやった方が伸びる子。

これは様々です。

出来るだけ全てのやり方を網羅しようと思いますが、複数の記事になってしまう事も予想されるのでその点は注意してください。

そして、この記事を見た方はこれなら自分にも出来る!と思った事を直ぐにやって下さい。

先行者有利です。

今からやれば4月のセンター模試で8割超えれます。(正直英語で8割取れているとすごく楽になります。下がる心配が余りないので)

ではまずはオーソドックスなのをお伝えして行こうかと思います。

中学レベルが出来ていない方。

くもんの奴でもなんでもいいんで中学レベルの参考書を完璧にして下さい。

使用する参考書。システム英単語→世界一わかりやすい英文法の授業→速読英熟語→基本はここだ!→東進ブックスから出ているレベル別長文だと思います。

簡単に言えば5冊で8割を目指すことは可能です。(皆さん参考書やりすぎなんですよね笑)

スマートフォンなどでやる方がいい!という方向け。

べリタスアカデミーという会社から出ている英単語のアプリを使う。→べリタスアカデミーから出ている英文法のアプリを使う→べリタスアカデミーから出ている熟語をやる。多読が出来るアプリを使う

現代文が出来る方(具体的に言うとセンター現代文で現時点で9割取れている方)

システム英単語などの単語帳を使う→世界一わかりやすい英文法の授業→東進ブックスのレベル別長文。

センスがあると3冊で8割を超えることが出来ます。また、べリタスアカデミーのアプリでは3600円で英単語。文法。熟語の授業が受けられるので本質から理解したい方はオススメです。(1問1問元代ゼミ講師の坂木先生が解説して下さるので非常に分かりやすいです)

システム英単語などの単語帳のやり方。1単語を見た時1秒以内で日本語の意味が出てくるまで完璧にして下さい。その際日本語から英語という作業は必要ありません。(システム英単語で言うと第3章まで覚えるのがベストです)

その時の注意点ですが、必ず1~400やった次の日は1~600 と言った風に原点固定型でやって下さい。

正直システム英単語の3章までを完璧にしていれば140点近くは目指せます。

センター試験においても二次試験においても学校の定期テストにおいても、重要なのは反復です。

誰にでも出来ることを誰にでもできない量やるんです。(単語帳なら10周はしましょう)

私も受験生の頃はめちゃくちゃ単語帳をやりました。

よく受験会場で単語帳を見ている方がいますがその次元にいると危険です。

自分で授業出来るくらいまで極めた英語長文を黙読する。

英語の試験前はこれがオススメです。

センター試験において8割を超えたよー

若しくは9割超えたよーって方へのメッセージ。

本当におめでとうございます。

英語という科目は1度成績を上げてしまうと落ちにくい科目です。

単語帳を繰り返したり長文を読んだりと定期的なメンテナンスをしていけば8割。9割は保つ事が出来ます。

存分にほかの科目の対策をやってください。

皆さんは英語という科目において結果を出す事が出来ました。

受験ではあと数科目において結果を出せばいいわけです。

頑張って下さいね!(他の科目も英語の勉強法とそう変わりないです)

とは言え 俺/私はセンター英語なんかでは満足していない!

早慶上智MARCH関関同立。

旧帝大を初めとした難関国立大学。

或いは医学部に行きたい!

英語を得点源にしたい!

という方もいらっしゃると思います。

そんな方へこれからの勉強法をお伝えして行きますね。

単語はシステム英単語や単語王を使用している方が多いかと思いますが、やはり難関大学だとそれだけでは心もとないです。

リンガメタリカ、鉄緑会から出ている鉄壁英単語。これらをやる必要性が出てくるかと思います(人によっては必要ない場合があるので自分の語彙力と相談してくださいね)

熟語は解体英熟語などで対応出来ると思いますが鉄壁を使うのもオススメです(これもめちゃくちゃ個人差あるんですよね..)

実際熟語やらなくても難関大学に合格した子はいますし..

文法はあまり深くやり過ぎないようにして下さい。重箱の隅をつつくような問題も出されますが基本的な文法プラスアルファと言った感じで対応出来ます(あとは各大学への慣れですね)

英文解釈

これはポレポレ英文読解がめちゃくちゃオススメです。

かなり難しい参考書ですが、何周もすることでかなり実力がつきます。

会話文対策。

難関大学では会話文が出題される事があります。

会話問題のストラテジーという本を活用して下さい。

英作文

これも英作文のストラテジー。

ドラゴンEnglishなどがありますが各自肌に合うものをしようして下さい。

基本的には悪質な参考書はありません。

しかし、参考書も使い方を間違えると劇薬です(例えば基礎が出来てないのにポレポレをやるなど)

上記の対策プラス音読ですね。

1日30分でもいいです。

速読力を上げるために音読して下さい。

早慶上智レベルの大学を受けられる方。

単語帳は7月末までには2冊終わらせて下さい(関関同立MARCHでも1冊は終わらせて下さい)

文法も7月末には穴が無いようにして下さい

理想は10月から過去問です。

そして過去問で新たに見つかった穴を埋めていく作業をします

最初から完璧に出来る人間はいません。

しかし、継続は力なりという言葉がある通り、繰り返し反復した人間は合格出来ます。

皆さんの合格を心から信じています。

頑張って下さいね!

以上を持ちまして私からのメッセージは終了とさせていただきます。(あくまでも今回の説明が終わりと言うだけで他の科目。他のジャンルはやりますよ)

かなり長い文章の中見て頂いてありがとうございました。

最後にはなりますが、この記事を無料でアップロードしようと思った理由についてお話します。

最初は有料にするか迷いました。

自分で言うのもなんですが、かなりの時間と労力を使いました。

大学の友人や様々な人に意見を聞いたところ「お金を取れるレベルのノウハウ」だとも言って貰えました。

およそ7500字を使ってかなり具体的に書いたつもりです。

最短最速で英語を得点源にするにはどうすればいいか…かなり考えました。

時には挫折しそうになった事もあります。

投げ出したくなった事もあります。

しかし、余裕があれば身を削れ。が私の座右の銘です。

この方法をたくさんの方に知って欲しい。成績をあげて欲しい。

その気持ちから無償公開に踏み切りました。

しかしながら無償公開にしても誰も見てくれなければ意味がありません。

ですのでこの記事を見てくれた方。Twitterや友達に拡散してくれませんか?

かーくんラボ.comで調べると出てきますので拡散は容易かと思います

私は他にも様々な記事を書いてます。

情報を見逃さない為にもLINE@の方でも友達追加よろしくお願いします。

より多くの人がこの記事を見てくれることを願ってやみません。

それでは!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする