スポンサーリンク
Pocket

どうも!

当ブログへようこそ!

私はかーくんラボの管理人をしております、かーくんと申します。

今回は「奨学金」について現役大学生である私の意見を書かせて頂きますので皆様どうぞよろしくお願いします。

はい。

いつもと違う始まりですね笑

今回は奨学金について話します。

よくメディアなどで奨学金で利子を取るのはおかしい、返済期間をもっと猶予すべきだ。などと報じられてますが、個人的にはなんの信用もない20歳そこそこの学生に無担保でお金を貸してくれるって凄くいい制度だと思います。

だってアレですよ?日本奨学金機構で働いている方の人件費って誰が払うんですか?

広告や事務処理にかかるお金って誰が払うんですか?

ボランティアじゃないんですよ?

奨学金を受ける際、めちゃくちゃ詳しい説明受けたはずです(読んでないかも知れませんが...)

それにこういったことを言うのはなんですが、病気などのケースを除くと卒業後奨学金を返せない人の多くが教育困難校(いわゆるfラン大です)出身というデータがあるみたいです。

実際私の知人にも奨学金を受けている子がいますが、塾講師をしていて在籍中に返済予定があるそうです。

私は糾弾すべきは奨学金といった制度ではなくて安易な考えでお金を借りた生徒或いは教育困難校などに奨学金を借りて進学させた保護者だと思います。

何が言いたいかといいますと、塾講師になれるレベルの学歴を持っていないと詰む可能性ありますよって事です。(具体的に言うなら日東駒専などですね)

とりあえず入れる大学行くかーww

奨学金とか後のことだし知らねww

まぁ返せるっしょww

こんな感じの思考してる人多いですが論外ですよね笑

あと私は別に教育困難校を批判している訳でもなんでもないです。

私は受けてませんが奨学金っていい制度なーって思ったので書かせていただきました(自分で稼いで払いました)

利子も別に高くありませんし。

3パーセントとか言われてますが実際そんなにないですし(住宅ローンの金利の仕組みと似たような感じですよね)

度々議論される、優秀な子が大学に行けなくなる!

これは社会の損失だ!などと仰っている方。

優秀な人間は大学に行かなくても成功してますよ。(身近な例で言うとZOZOTOWNの社長とか)

そもそも本当に優秀な子なら有名私立の特待生や国立大学に入れると思います()

そして塾講師とかすれば学費や生活費稼げますよね。

めちゃくちゃ纏めるとやはり、奨学金=借金ですよって事です。

ご利用は計画的に。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事