スポンサーリンク
Pocket

どうもかーくんです。

今回は一応進学校卒の私が不登校になった経験や教師を信用出来なくなった原因をまとめて行こうかと思いますのでよろしくお願いします。

この記事を見て得られる事。

進学校に入っても不登校の人間はいる事。

私は不登校でございました。

中学生の頃はまぁ過去のブログ記事を見て頂ければ分かると思いますが、高校生の頃も不登校の時期がありました。

あれは入学して数日。体育か集会か詳しく覚えていませんが教室移動の時、今思えば怪しいですが、その日の戸締り担当のA君が戸締りを忘れました。その日の僕は運悪くプレステーション4を買おうと思い財布の中には5万円以上入っていました。

ここから先は言わずともだと思いますが、教室が空いている間に盗まれました。小銭は抜かずお札だけ丁寧に。

当然私は先生に相談しました。

カバンの中に財布を入れていたらお金を取られました。

すると先生は驚きの言葉を発しました。

「学校にお金を持ってくる方が悪い」

「諦めろ良い社会経験になっただろ。」

「この理不尽を乗り越えていけ」

私は愕然としました。

当時、私の自宅から学校までは距離があり、仮に電車などが動かなくなっても帰れるように常に財布には1万円くらい入れてました。

確かに高額な金銭を持っていた私も悪いかも知れません。

しかし、戸締りをしないというA君の不用心さへの追求や、犯人を調査するなどの事が行われると思っていました。

先生の理屈でいくと私が先生の財布からお金を取っても先生の自己責任という事になります。

「進学校といっても犯罪者はいるしそれを見逃す人もいるんだ」それ以来学校や人が怖くなり不登校の時期が続きました。

先生の言葉が信用出来なくなった。

怖かった。

犯罪者がいるかも知れない教室で勉強する事が怖かった。

面談をしている時も私を騙してるんではないかと思うと震えが止まらなかった。

教師が犯罪を見逃す。

この事実がひたすらに怖かったです。

私は母校が嫌いです。犯罪者を容認している学校の事を好きになれる訳がありません。

私以外の生徒も物を盗まれました。

その子も同じ様な対応をされ、通信制の高校へ転校しました。

教師と言う存在を信用しきれていません。

なので町田総合高校にて体罰が行われた時も、あぁ..やっぱりか..こう思いました。

さてさて如何でしたでしょうか?

進学校だろうが何処だろうが窃盗の危険性はありますし、そういった連中と行動を共にする可能性もあります。

油断は禁物ですね笑

高校が嫌いですし高校名も言いたくないです。

今回は私が高校の時不登校になった原因についてお話しました。

最後まで記事をご覧下さいましてありがとうございました。

それでは!

スポンサーリンク
おすすめの記事